天海祐希、宝塚時代の伝説!その人気度は??

天海祐希、宝塚時代の伝説!その人気度は??

今回は、テレビでもよく見るあの女優、、、天海祐希さんについて書いていこうと思います。

天海祐希さんと言えば、「宝塚」ですよね!

テレビの画面越しからでもわかるその立ち振る舞い。見ていてすごくきれいだと思います。

そんな天海祐希さんの宝塚時代がどのようだったのかを調べてみました。

Advertisement

天海祐希のプロフィール

本名 :中野 祐里(なかの ゆり)
生年月日 :1967年8月8日
出身地 :東京都
血液型 :O型
職業 :女優
事務所 :研音

天海祐希さんは、中学では演劇部に所属しており、その際に顧問の先生から「宝塚にいったら」と勧められ、宝塚音楽学校に入りました。

1987年に宝塚音楽学校を首席で卒業し、そのまま宝塚歌劇団に入学しています。

初舞台では、「宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら」に出ました。

また、入団1年目にして、新人公演の「ミー・アンド・マイガール」で主演に抜擢されました。

1993年に、月組のトップスターに就任しました。
初舞台から7年でのトップスター就任は宝塚史上最速なのだそうです。

その後、1995年に宝塚歌劇団を退団し、女優として活動の場を広げています。

Advertisement

宝塚時代の伝説

宝塚に行くこと決めた天海祐希さんは高校2年生を修了した年に、宝塚音楽学校に首席で入学しました。

この際に、運営側から
「よくぞ生んでくださいました」
と母親は言われたそうです。

これほどのことを言われる天海祐希さんはそれほどの逸材だったことがうかがえますね。

また、卒業時も首席だったようで、入学から卒業まで、群を抜いて優秀だったようです。

宝塚歌劇団に入団後は、1年目から7年目までのタカラジェンヌたちが「新人」として扱われます。

宝塚歌劇団には、「新人公演」と「本公演」があります。
新人公演とは、本公演と同じ演目を新人たちだけで行う公演のことを言います。

天海祐希さんは、新人公演の主役の座に入団10か月で選ばれました。

この新人公演の主役の座は1名。
入団して、主役や準主役ができないことはざらにあることから、どれだけすごいことなのか想像はたやすいですね。

また、入団10か月での主役抜擢という記録は、まだ破られていないようです。

1983年には、トップスターに就任!
これも異例の速さで、入団から6年半のことでした。

Advertisement

人気度

天海祐希さんはその人気もすごいもので、
開かれるお茶会には相当数の参加者がいたようです。

イベント会場は、ファンでごった返しになることはよくあり、進行の段取りでもたもたした際は、とてもイライラされていたようです。

タレントカテゴリの最新記事